【新潟県】天地人上杉の知将・直江兼続ゆかりの地を歩く

己の利を追い求める戦国乱世に生まれながら、義の精神と慈愛の心を掲げて、時代を駆け抜けた知勇兼備の名将・直江兼続。
幼くして上杉景勝の家臣となり、景勝とともに師と仰ぐ上杉謙信から、物事の正しい筋道を貫く「義」の精神を学び、その教えを受け継いだ。
終生変わらず主君に尽くした忠誠心に厚い硬骨の武将は生涯を通じ、故郷とそこに暮らす領民や家臣の暮らしを大切にした。
兜に掲げられた「愛」の一文字には、仁愛の心が表れている。
そんな兼続の生き様は豊臣秀吉をも魅了し、名声を高めていく。
戦国の世に多大な影響を与えた「直江兼続」ゆかりの地で歴史に思いを馳せながら、新潟を巡る旅に出掛けよう。